トップページ
占いの歴史
占いの種類と特徴
占いプチ辞典

占いって?

みなさんが思う占いって何だとおもいますか?
今日の運勢や、未来をみてもらったりなどそんな感じですかね。じゃぁ、占いにはどんな占い方法があると思いますか?なんか質問だらけでごめんなさぃ(笑)一般には、タロット占いや手相占い、占星術などいろんな占い方法がありますよね。でも、そんな占いはいつからあったのかって気になりませんか?私達はいつから占いをして未来を予言してもらったり、運勢を知ったりすることが出来たのでしょう・・。不思議ですよね。
では、ここで少し占いの歴史についてみていくことにしましょう。

占いの歴史

占いというものは、いろいろ調べてみるとハッキリとした歴史がないんだとか・・・。一部においては5千年以上前からあったとも言われています。
占いはもともと、神様の言葉が掟となったことから、占いが誕生したと言われています。神様の言う言葉は信じなければいけないということから、人間はそれに従ったんだとか。日本にも古くから歴史があったとされ、どの道をいけば良いのかなどの方向性を決めるために占いはたいへん必要とされていました。

昔の人にとって占いという物はとても神聖な物だったんですね。今ではいろんな占いがあって、違う占い師で同じ占い方をしてもらっても、内容が全然違っていたりしますよね。どちらを信じるかはその人にもよりますが、いまでは占いは神聖なものというまでにはいかないのではないかと私は思います。

占いの歴史から少しかけ離れてしまいましたが、占いの歴史分かってもらえたでしょうか。なんだか簡単すぎてごめんなさい。結局は占いには歴史がハッキリと決まっていなくて、昔の人にとっては行事や神聖なものとして大事にされていたということなのです。

命占・ト占・相占の占術の解説

 

東洋系
卜占
相占
いろいろな占い
血液型占い
おもしろ占い
電話占い
Copyright (C) 2008 占い. All Rights Reserved.       ご意見・ご感想